男性用 白髪染め

後悔しないために!面倒でもパッチテストは毎回忘れずに

白髪染めの説明書には、「使用する前に必ずパッチテストをしてください」と記載されています。

 

このパッチテストというのは、白髪染めに使われている薬剤や成分によって、アレルギー反応が出ないかどうかをチェックするためのテストです。

 

白髪染めにはあらゆる物質や成分が配合されていますから、特に敏感肌やアトピー肌ではないとしても、アレルギー症状が発症する可能性があるため必ずパッチテストをしなくてはいけません。

 

パッチテストの方法はいろいろありますが、基本としては、まず二の腕の裏や肘の内側のように皮膚が柔らかく目立たない部分に、綿棒などを使って白髪染めを塗ります。

 

塗る範囲は10円玉ぐらいでいいので、触らないようにそのまま乾燥させます。

 

塗ってから1時間程度たっても問題がなければ、48時間落ちないように気をつけて、付けたままにしましょう。

 

濡れると落ちてしまうので、入浴はしないのがベストです。

 

48時間を過ぎてもトラブルがなければテストは終了で、アレルギーが起こる確率はほとんどありませんから白髪染めを使っても大丈夫です。

 

48時間も塗っぱなしにするのは面倒ですが、万が一アレルギー症状が出たら、かぶれたり炎症が起きたりして逆に大変なことになります。

 

肌の状態は毎日違いますし、体調によっても変わるため、今までアレルギーが起こったことがない方であってもトラブルが起こるかもしれません。

 

白髪染めというのは刺激が強い成分が配合されていますから、いくら髪や頭皮が健康でも染める前には、必ずパッチテストで安全性を確かめてから行いましょう。


おすすめのヘアマニキュアはコレ!

関連記事はこちら

思うような色に染まらない場合はどうすればいいの?
一昔前だと、白髪染めのカラーと言えばブラックかブラウンぐらいしかありませんでした。しかし、最近は黒髪用のヘアカラーなみにカラーバリエーションが増えていて、自分の髪色により近いカラーを選べたり、全体をカ
染まりにくい生え際やこめかみの白髪をキレイに染めるコツ
白髪は美容室で染めた方がキレイに仕上がると言いますが、予約を取ったり店に行かなくてはいけなかったり、また費用が高いというデメリットがあります。自分で白髪を染めれば、時間を気にせず好きな時に染められたり
太くて硬い染まりにくい髪をキレイに染めるコツ
髪が思い通りの色に染まるかどうかは、白髪染めに使われる染料のクオリティーよりも、自分の髪質によって決まると言えます。一般的には、細くて柔らかい髪は染まりやすく、太くて硬い髪は染まりにくいという性質があ
準備一切なし!お風呂で簡単についでに白髪ケアができちゃう
自分で白髪を染めたいけど、いろいろと準備が面倒だったり、肌や壁についたりするのが気になるという方も多いでしょう。最近は簡単に染められる商品も増えていますが、やっぱり準備から仕上げまで時間がかかってしま
知りたい!白髪染めの色もちを長くする方法とは?
色もちの良い白髪染めを種類別で見ると、まず一番持つのは酸化染毛剤、次にヘアマニキュア、最後はトリートメントタイプになります。ただし、いくら酸化染毛剤を使っても毎日のヘアケアでもちが悪くなることもありま
汚れが落ちなくなる前に!浴室の着色はすぐに洗い流そう
システムバスなどに使われる樹脂系であれば問題はありませんが、水が浸透するような壁材の場合は、浴室で白髪染めをするときに注意が必要です。髪染めに使われている染料は薬剤なので、浴室であっても壁などに飛び散