思うような色に染まらない場合はどうすればいいの?

一昔前だと、白髪染めのカラーと言えばブラックかブラウンぐらいしかありませんでした。

 

しかし、最近は黒髪用のヘアカラーなみにカラーバリエーションが増えていて、自分の髪色により近いカラーを選べたり、全体をカラーチェンジ出来るものもあります。

 

ただバリエーションが増えたのは嬉しいことですが、実際に使ってみたら希望の色には染まらなかったなんてことが多いようです。

 

髪の色にこだわりがある方はもちろん、こだわりはないとしても自分に似合う色がありますから、思ったように染まらないのは気分が良くないでしょう。

 

希望通りの色に染まらない原因は、基本的にカラーの選び方が間違っているからです。

 

カラー選びというと自分が染めたい色を基準にする方が多いですが、いくら好きなカラーであっても自分の髪質によって染まり方が違うのです。

 

髪が太くて硬かったり、もともと色素が濃い場合は染まりにくいため、希望の色には染まりません。

 

白髪自体には色は入りやすいものの、白髪の割合が少なければ染まる割合も少なくなるのでイメージとは異なる色合いになってしまいます。

 

思い通りに染めるには、自分が希望する色で選ぶよりも染まりやすい髪質かどうかで選びましょう。

 

白髪が多く染まりやすい髪質であれば明るくなりやすいのでワントーン暗めの色を、染まりにくい髪質の場合はワントーン明るめのカラーを選ぶといいですね。

 

どうしても色が入らないという場合は、頻繁にカラーリングするとダメージを与えてしまいますから、大きなカラーチェンジはできませんがヘアマニキュアなど髪の表面に色をつけるタイプの白髪染めを使うと綺麗に染まるので試してみてください。

関連ページ

染まりにくい生え際やこめかみの白髪をキレイに染めるコツ
白髪は美容室で染めた方がキレイに仕上がると言いますが、予約を取ったり店に行かなくてはいけなかったり、また費用が高いというデメリットがあります。自分で白髪を染めれば、時間を気にせず好きな時に染められたり
太くて硬い染まりにくい髪をキレイに染めるコツ
髪が思い通りの色に染まるかどうかは、白髪染めに使われる染料のクオリティーよりも、自分の髪質によって決まると言えます。一般的には、細くて柔らかい髪は染まりやすく、太くて硬い髪は染まりにくいという性質があ
後悔しないために!面倒でもパッチテストは毎回忘れずに
白髪染めの説明書には、「使用する前に必ずパッチテストをしてください」と記載されています。このパッチテストというのは、白髪染めに使われている薬剤や成分によって、アレルギー反応が出ないかどうかをチェックす
準備一切なし!お風呂で簡単についでに白髪ケアができちゃう
自分で白髪を染めたいけど、いろいろと準備が面倒だったり、肌や壁についたりするのが気になるという方も多いでしょう。最近は簡単に染められる商品も増えていますが、やっぱり準備から仕上げまで時間がかかってしま
知りたい!白髪染めの色もちを長くする方法とは?
色もちの良い白髪染めを種類別で見ると、まず一番持つのは酸化染毛剤、次にヘアマニキュア、最後はトリートメントタイプになります。ただし、いくら酸化染毛剤を使っても毎日のヘアケアでもちが悪くなることもありま
汚れが落ちなくなる前に!浴室の着色はすぐに洗い流そう
システムバスなどに使われる樹脂系であれば問題はありませんが、水が浸透するような壁材の場合は、浴室で白髪染めをするときに注意が必要です。髪染めに使われている染料は薬剤なので、浴室であっても壁などに飛び散