知っているようで知らない市販の白髪染めの髪や頭皮への影響

美容室で白髪を染めても、すぐに根元が白くなってしまったり、髪の毛自体の色持ちも格段に良いというわけではありません。

 

ですので、コストを考えて市販の白髪染めを使うという方も多いでしょう。

 

市販の白髪染めはお手頃価格ですし、どんどん手軽に使えるようになっています。

 

ただ一つ難点なのは、使えば使うほど頭皮や髪が傷んでしまうということです。

 

市販の白髪染めのでせいで頭皮や髪が傷むのは、白髪を染めるメカニズムに理由があります。

 

市販の白髪染めは、酸化染料とアルカリ剤が入った1剤と酸化剤が入った2剤を混ぜ合わせて使います。

 

1剤の酸化染料と2剤の酸化剤が混ぜ合わさると、化学変化が起こって髪に色をつけることが出来ます。

 

ただし、髪の表面はキューティクルというガードがあるため、酸化染料であってもキューティクルがある限り浸透せず色も付けられません。

 

そこで活躍するのが、キューティクルを開く働きを持つアルカリ剤です。

 

このアルカリ剤と酸化染料と酸化剤が組み合わさることで、キューティクルを開いて染料を内部までしっかり浸透させられるのですね。

 

ですが、一度開いたキューティクルはすぐに閉じないので、閉じるまでの間に水分が蒸発して髪が乾燥します。

 

またたんぱく質で出来たキューティクルを開く薬剤は、同じくたんぱく質で構成される頭皮にもダメージを与えます。

 

つまり、市販の白髪染めで頭皮や髪が傷むのはアルカリ剤が入っているからなので、出来るだけ酸化染毛剤は使わないようにするのがベストなのです。

関連ページ

知ってる?ヘアカラーとヘアマニキュアの違いとは
髪を染める場合、ヘアカラーかヘアマニキュアを使うという方法があり、どちらも髪の色をチェンジする効果があるのは同じです。ですが、そもそも髪を染めるメカニズムが異なるため、仕上がりや持ちの良さ、ダメージな
素手で染めることのできる白髪染めはどんなもの?
ドラッグストアなどで売られている白髪染めには、基本的にビニール手袋がついています。これは指先や爪が染料に染まるのを防ぐという目的もありますが、もう一つ、手荒れを防ぐためでもあります。最近の白髪染めはニ
いまさら聞けない!ヘアカラーで髪が傷む原因とは?
ヘアカラーをすると髪が傷むというのはほとんどの方が知っていると思いますが、傷む原因は知らない方も多いのではないでしょうか。しかし、傷む原因をきちんと理解せずにヘアカラーを続けると、髪にダメージを与える
キューティクルを開かないから白髪染めでも髪が傷まない!
キューティクルというのは一枚板で髪をガードしているのではなく、魚のうろこのような形状で規則的に重なり合っています。市販の酸化染毛剤の白髪染めは、このキューティクルを引きはがして染料を内部に浸透させて色
適当に選んでいませんか?自分にぴったり合う白髪染めの選び方は?
白髪染めというカテゴリの商品は種類が豊富なので、どれを使えばいいのか迷ってしまいます。また、白髪染めを使ってみたけど思うように染まらなかった、ダメージが強すぎて傷んでしまったなんて経験をしたことがある
白髪ってどれくらいから?白髪染めを初めて使いだす目安はどれくらい
白髪が生えてきたら、増えないように対策をすると同時に、まずは目立たないように白髪染めを使うのが一般的です。ただ、初めて使う場合はどれぐらいの白髪で使えばいいのか分からないものですよね。白髪が気になるか
白髪染めと黒髪用のヘアカラーはどう違うの?
白髪は隠したいけど、白髪染めを使うのは年齢的に抵抗があるという方も多いのではないでしょうか。また、基本的には白髪染めも黒髪用のヘアカラーも染めるために使うのですから、どちらでも効果は同じと思っている方
少しでもかゆみや痛みを感じたら注意!ジアミンアレルギーで重症化も
市販の白髪染めというのは、皮膚に刺激の強い薬剤が使われているため、健康な肌の人であってもかゆみや痛みなどのトラブルが起こることがあります。ですので、もともとアレルギー体質の方、特にジアミンアレルギーの
男性でも女性用の白髪染めは使えるの?
白髪になるメカニズムは男女に違いはありませんし、白髪染めも白髪を染めるために作られているので、女性用でも男性用でも同じように染まると思ってしまいますよね。ですが、実は同じ白髪染めであっても女性用と男性
白髪を染める間隔はどれくらいがいいの?
白髪は染めれば目立たなく出来ますから、極端に言うと頻繁に染めていれば白髪を気にする必要はいっさいなくなります。ただし、白髪染めは髪や頭皮に負担をかけるので、間隔を開けないと傷んでぱさぱさになってしまい
白髪も気になるけど薄毛も気になる!育毛剤と白髪染めは併用できるの?
白髪が生えるということは、何らかの要因で頭皮環境が悪化していたり、毛根組織がダメージを受けている状態です。こういった状態は、同時に抜け毛も引き起こされることがあるので、白髪だけではなく薄毛のケアが必要