男性用 白髪染め

白髪染めの基礎知識 記事一覧

白髪染めと一言で言ってもヘアカラーやヘアマニキュア、白髪ぼかし、またクリーム状や液状、泡状のものや全体染めや部分染めなどたくさんの種類や使い方があります。自分にぴったりの白髪染めを見つけましょう。

髪を染める場合、ヘアカラーかヘアマニキュアを使うという方法があり、どちらも髪の色をチェンジする効果があるのは同じです。ですが、そもそも髪を染めるメカニズムが異なるため、仕上がりや持ちの良さ、ダメージなどあらゆる違いがあります。ヘアカラーとヘアマニキュアの一番の違いは、髪を脱色するかしないかです。ヘアカラーは酸化染毛剤に分類されるもので多くの薬剤が使われていますが、その中にアルカリ剤も含まれています...

ドラッグストアなどで売られている白髪染めには、基本的にビニール手袋がついています。これは指先や爪が染料に染まるのを防ぐという目的もありますが、もう一つ、手荒れを防ぐためでもあります。最近の白髪染めはニオイが優しい、頭皮に優しいなどのキャッチコピーで売られているので、肌への影響は少ないイメージを持っている方も多いでしょう。しかし基本的にビニール手袋がついていて、素手では染められないものは、それだけ強...

ヘアカラーをすると髪が傷むというのはほとんどの方が知っていると思いますが、傷む原因は知らない方も多いのではないでしょうか。しかし、傷む原因をきちんと理解せずにヘアカラーを続けると、髪にダメージを与えるだけではなく白髪や薄毛などあらゆるトラブルが起こります。こういったトラブルは、起きてしまってから改善しようとしても簡単には治りませんし、毛根組織を完全に回復させることもできません。ですのでヘアカラーを...

キューティクルというのは一枚板で髪をガードしているのではなく、魚のうろこのような形状で規則的に重なり合っています。市販の酸化染毛剤の白髪染めは、このキューティクルを引きはがして染料を内部に浸透させて色をつけるので、髪に大きなダメージを与えます。また、一度剥がされたキューティクルは簡単には元に戻りませんから、白髪染めを繰り返すたびにどんどん髪は弱っていきます。髪の健康が損なわれると、毛根組織がダメー...

白髪染めというカテゴリの商品は種類が豊富なので、どれを使えばいいのか迷ってしまいます。また、白髪染めを使ってみたけど思うように染まらなかった、ダメージが強すぎて傷んでしまったなんて経験をしたことがある方もいるでしょう。白髪染めは種類ごとに使われる染料が違うため、仕上がりにも差が出ます。さらに柔らかい、硬い、太い、細い、傷んでいるなど髪質によっても染まり方が違ってくるので、思い通りに染めるには自分に...

白髪が生えてきたら、増えないように対策をすると同時に、まずは目立たないように白髪染めを使うのが一般的です。ただ、初めて使う場合はどれぐらいの白髪で使えばいいのか分からないものですよね。白髪が気になるかどうかは人によって感覚が異なります。例え数本であっても気になってしょうがない人もいますし、かなり目立つ量でもまだ染める必要はないと思う人もいるでしょう。ですので結論からいってしまうと、初めて使いだす目...

白髪は隠したいけど、白髪染めを使うのは年齢的に抵抗があるという方も多いのではないでしょうか。また、基本的には白髪染めも黒髪用のヘアカラーも染めるために使うのですから、どちらでも効果は同じと思っている方も少なくないようです。しかし白髪染めというカテゴリがあることから分かるように、白髪染めと黒髪用のヘアカラーには違いがあるのです。そもそも白髪はメラニン色素が取り込まれていない状態で黒髪は取り込まれてい...

市販の白髪染めというのは、皮膚に刺激の強い薬剤が使われているため、健康な肌の人であってもかゆみや痛みなどのトラブルが起こることがあります。ですので、もともとアレルギー体質の方、特にジアミンアレルギーの方は白髪を染める時には注意が必要です。市販の白髪染めには酸化染料が使われていますが、この染料の成分の一つにあるのがジアミンです。ジアミンにもいろいろな種類があるのですが、一般的にアレルギー症状を引き起...

白髪になるメカニズムは男女に違いはありませんし、白髪染めも白髪を染めるために作られているので、女性用でも男性用でも同じように染まると思ってしまいますよね。ですが、実は同じ白髪染めであっても女性用と男性用では染まり方が違うのです。その理由は、女性と男性では髪質が大きく異なるからということが挙げられます。もちろん個人差はありますが、一般的な女性の髪は細く柔らかい質感です。こういった髪質の場合は、髪が傷...

美容室で白髪を染めても、すぐに根元が白くなってしまったり、髪の毛自体の色持ちも格段に良いというわけではありません。ですので、コストを考えて市販の白髪染めを使うという方も多いでしょう。市販の白髪染めはお手頃価格ですし、どんどん手軽に使えるようになっています。ただ一つ難点なのは、使えば使うほど頭皮や髪が傷んでしまうということです。市販の白髪染めのでせいで頭皮や髪が傷むのは、白髪を染めるメカニズムに理由...

白髪は染めれば目立たなく出来ますから、極端に言うと頻繁に染めていれば白髪を気にする必要はいっさいなくなります。ただし、白髪染めは髪や頭皮に負担をかけるので、間隔を開けないと傷んでぱさぱさになってしまいます。髪の健康状態を維持するためには、一定の期間をおいて染めなくてはいけないのです。どんなにきちんと白髪を染めたとしても、ある程度の期間が経つと色落ちしてしまいます。また、紫外線の影響やシャンプーなど...

白髪が生えるということは、何らかの要因で頭皮環境が悪化していたり、毛根組織がダメージを受けている状態です。こういった状態は、同時に抜け毛も引き起こされることがあるので、白髪だけではなく薄毛のケアが必要という方もいるでしょう。ただ白髪染めと育毛剤は用途がまったく違いますから、併用すると有効成分の効き目が落ちるのでは、と心配になってしまいますよね。まず、結論から言えば白髪染めと育毛剤は併用できます。た...