知ってますか?白髪と薄毛の密接な関係

白髪ができるメカニズムと薄毛ができるメカニズムはまったく違うものになるため、白髪が生えるからと言って薄毛になる、もしくは薄毛だから白髪になるということはありません。

 

ただしいくらメカニズムが違うと言っても、白髪になれば薄毛にならないということではないのです。

 

よく白髪が生えれば薄毛の心配はないと言いますが、これはまったくの都市伝説です。

 

確かに薄毛で白髪の人は少ないですが、これは単に薄毛になるから白髪が目立たないだけで、薄毛じゃないと白髪が目立つからというのが理由だと考えられます。

 

白髪はメラノサイトの働きが衰えて、メラニン色素の生成量が不足するために髪に色がつかなくなることで起こります。

 

一方、薄毛は毛乳頭細胞の分裂が低下してヘアサイクルが乱れ、成長期が短くなったり休止期が長くなったりすることで起こります。

 

このように原因は異なるものの、こういった状態になるのは血行不良で栄養が行き渡らなくなったり、外部からのダメージを受けたりするからです。

 

つまり、白髪や薄毛を引き起こす根本的な原因は同じなので、白髪になれば薄毛になる可能性もありますし、薄毛になったら白髪がはえる可能性もあるのですね。

 

白髪は嫌だけど禿げるよりまし、と思って安心してしまう方も多いようですが、刺激の強い白髪染めなどを使うと毛乳頭細胞にまで影響が起こり薄毛になってしまうかもしれません。

 

白髪が目立つようになったら染める必要がありますが、市販の白髪染めに使われる薬剤は毛根組織にダメージを与えてしまうので、薄毛にならないためにも頭皮や髪に優しい染め剤を使いましょう。

関連ページ

そもそもどうして白髪はできてしまうの?
見た目年齢を格段に引き上げる白髪は、年齢に関わらず予防したいものですが、ただいたずらに白髪ケアをしても効果は得られません。効果的な白髪対策をするには、まず白髪になるメカニズムを知っておくことが重要です
白髪の原因にはどういったものがあるの?
白髪ができるのはメラニン色素不足や、メラニンを作るチロシナーゼやメラノサイトの働きが低下するからですが、こういった症状を引き起こすのが白髪の原因です。白髪の原因は、大きく分けると遺伝や加齢、ストレスや
白髪を増やさないために、髪によい食べ物は?
少しでも白髪が生えてきたら、それはメラノサイトの働きが低下し始めているサインです。最初は数本で目立たないとしても、メラノサイトが衰える何らかの原因によって白髪が生えるのですから、対策をしないとその影響
白髪を増やさないために髪によくない食べ物を知っておこう
白髪を隠すには染めてしまうのが一番簡単な解消法ですが、しっかり対策をしておかないとどんどん増えてしまいます。白髪が増えると、染める頻度が多くなりますしより強い薬剤で染めなくてはいけなくなり、ダメージで
白髪を増やさないように毎日の生活を見直そう
白髪の原因には生活習慣も挙げられます。生活習慣というと幅広いですが、白髪に影響するのは喫煙、ストレス、運動不足、睡眠不足、不規則な生活が大きく関わります。タバコに含まれる有毒物質は血液の流れを悪くしま
白髪をこれ以上増やさないために普段から紫外線に要注意
出来てしまった白髪は染めることで目立たなくすればいいですが、増えてしまうと隠すのも大変ですから、これ以上増やしたくないという方も多いでしょう。白髪を増やさないためには生活習慣を見直したり、食事内容に注
今すぐ実践!頭皮マッサージで白髪を防ごう
白髪の直接の原因は髪に色をつけるメラニン色素の不足ですが、この色素はメラノサイトという色素細胞から生成されます。メラノサイトは栄養を取り込むことで活性化され、メラニン色素を合成していきます。しかし、何
黒髪と同じ?白髪が生まれ変わるサイクルとは
白髪はメラニン色素が取り込まれない状態で生えてくる髪の毛ですが、生え変わる周期は黒い髪と同じです。髪は健康な状態であれば、平均すると5年から7年ぐらいで生え変わります。生え変わる過程は、成長期、退行期
コラーゲン減が要因!加齢による白髪の原因がついに判明
男性の場合、脱毛ホルモンと言われるジヒドロテストステロンが作られやすい体質なので、脱毛ホルモンの生成を阻害する成分でケアするのが一般的な対策として知られています。ですが原因は脱毛ホルモンだけではなく、