男性用 白髪染め

頻繁に染めたくない!色もちのよさで白髪染めを選ぶ

白髪に限ったことではありませんが、どんなに染毛力に優れたヘアカラーであっても色落ちします。

 

ただ白髪の場合は色落ちすると、他の髪とのコントラストが目立つため、頻繁に染めなおさなくてはいけないので髪や頭皮へのダメージが気になるものです。

 

ですので、白髪染めは色もちのよさで選ぶのが一般的になっています。

 

確かに色もちが悪い白髪染めと比べれば、色もちがよい白髪染めの方が染める回数を減らすことが出来ます。

 

ですが、ここで気をつけたいのは、色もちがよい白髪染めはカラーリングの多さによるダメージは減らせるものの、1回のカラーリングのダメージはものすごく大きいということです。

 

色もちがよいということは、キューティクルを開いて脱色し、そこに染料を浸透させていることになります。

 

つまり内部までしっかり浸透させるので色は長持ちするのですが、髪を守るキューティクルを薬剤の作用で開くと、簡単には元に戻りません。

 

本来ならしっかり閉じて髪をガードしているキューティクルを開くぐらい、強い作用を持っている薬剤を使うのですから、当然頭皮には大きなダメージを与えます。

 

色もちのよい白髪染めのダメージは、染毛力が若干弱いヘアマニキュアなどの白髪染めよりも大きいため、例え使用頻度が少なくても白髪が増える原因となります。

 

確かに色が長持ちするのは理想的かもしれません。

 

しかし、使えば使うほど白髪のリスクを高めることになるので、白髪染めを選ぶ時は色もちのよさよりも髪や頭皮に優しいというのを重視しましょう。


おすすめのヘアマニキュアはコレ!

関連記事はこちら

いくつ知ってる?こんなにもある白髪染めの種類
白髪染めにもいろいろな種類があるので、どれを使えばいいか分からないという方も多いでしょう。白髪染めは種類ごとに染まり具合やダメージが違いますから、特徴をきちんと理解した上で選ぶといいですね。白髪染めは
値段がイチバン?価格の安さで白髪染めを選ぶ
自分で白髪を染める場合、ドラッグストアで売られている商品や通販を利用するのが一般的です。最近は白髪染めの種類もたくさんあるので、どれにしようか迷った時には価格で選ぶという方も多いでしょう。安い商品でも
髪を傷めたら大変!頭皮や髪への優しさで白髪染めを選ぶ
白髪染めを選ぶ基準は人によって異なりますが、もし何を優先して選べばいいか迷っているという場合は、頭皮や髪に優しいかどうかを最優先するのがオススメです。と言っても、ほとんどの商品は「髪が傷まない」「頭皮
素手でも使える!扱いやすさから白髪染めを選ぶ
白髪染めには、クリームタイプ、泡タイプ、スプレータイプなどいろいろな種類がありますが、染まり方は種類ごとに異なります。泡タイプは扱いやすいものの染まりが弱く、しかも周りに飛び散りやすいですし、スプレー
出掛ける前に白髪発見!そんな時におすすめの白髪染めは?
白髪は見た目年齢を老けさせるので、隠したいと思うのは当たり前のことですが、白髪染めはダメージを与えるので使いたくないという方もいるでしょう。また、シチュエーションによってはカバーしたいけど、染めてまで
薄毛に悩んでいるあなたにおすすめの白髪染めは?
薄毛の人は白髪にならないイメージがありますが、そもそも両者のメカニズムは異なるので、薄毛であっても白髪になることもあります。髪が薄くて白髪の量が少ないとしても、薄毛で白髪だとかなり老けた印象になります
心配無用!敏感肌やアトピーの人でも使える白髪染め
一般的な白髪染めには、アルカリ剤や化学染料など普通肌でも刺激を受ける成分が入っています。敏感肌やアトピーというのは、皮膚のバリア機能が弱まっていたり免疫機能に異常が起こっているため、普通なら耐えられる
会社勤めの人が白髪染めの色選びで注意したいこと
会社員の場合、一般的には明るいカラーや派手な髪の色にすることはないでしょう。しかし、白髪というのはもとから色素が入っていませんから、明るめのカラーの酸化染毛剤の白髪染めを使うと、思っている以上に派手に
髪や頭皮を傷めずに白髪を染めたい人におすすめの白髪染め
白髪を染める場合、まずはキレイに染まることを重視する方も多いでしょう。確かに仕上がりはとても大事ですが、染毛力が強い酸化染毛剤の白髪染めは脱色をする成分が入っているため、髪や頭皮に大きなダメージを与え
雰囲気を変えずに白髪を染めたい人におすすめの白髪染め
市販の白髪染めというのは、髪の内部まで染料が浸透しますから色がしっかり定着するのがメリットです。ただ、白い髪が一気に染まるため、染めたてだと髪色が馴染まずに浮いてしまい雰囲気ががらっと変わってしまうこ